スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リグレットメッセージの年表(本編)

・港町で働き始めたリン。

・レンの「新しい人生を生きる」という言葉もあり、一生懸命働いていた。

・しかし悲しみと罪悪感は消えるどころかふくらんでいく。

・ある日、街で悪逆非道の王女の話をきくリン。自分の言葉でたくさんの人が死んでいた事実に追い詰められていく。

・以前のリンは国民が自分と同じ人間だとは分かっていなかった。だけどこうして街で働けば、そうではないことが分かる。そして身近な人が死んでしまうことがどれほど悲しいことなのかも。

・しかし王女の話をきくうちに、分からないことができた。いくつかは自分のしたことだが、いくつかには全く身に覚えがない。

・そしてリンは気づいてしまう、レンのしたこと、レンが自分のために国を滅ぼしてしまったことを(「罪に気づくのはいつもすべて終わった後」)

・リンの心に衝動がひろがっていく。生きていくことがリンには辛かった。レンの「新しい人生を生きていく」という言葉も、自分にはそうする価値があるのかという疑問にいきあたった。

・レンが助けてくれた命で、レンは自分を好きで、レンは自分を生かそうとしていた。

・そう分かっていても、リンの衝動は消えない。

・そんなある日、リンは「この街に伝わる言い伝え」をきく。願いをこめた羊皮紙を小瓶にいれて流せば、願いが叶うらしい。

・レンの言葉が欲しいと願ったリンは羊皮紙に「生きていていいの?」という問いかけを書き、海に流す。

・しかし突然の大波に海にのまれてしまう。

・かろうじて助かり岸辺に流れ着いたリン。その髪には一輪の花がひっかかっていた。

・ただの偶然かもしれない。しかしリンにとってはそれがレンの答えだった。

・リンは生きていくことを決意する。



というかんじです。花びらが一枚減ってるのは前とまったく同じ花じゃあまりにもいっしょすぎるだろうと思ったためです。海の中で起きたことはリンの夢である可能性もあるからです。ただ海に落ちて、服も破れて、花がひっかかっただけ。

だけどここまで符合することがおきたなら、あの海のなかのことは本当にあったのかもしれないし、なかったとしてもリンに生きて欲しいと願うレンの心は真実だと思います。


・・・ジェミニは・・・なんかリグレットメッセージのレンが異様に落ち着いてて・・・きっと(もし幽霊のレンが存在するなら)レンにもなんらかの救いがすでにあったから、ああしてリンのもとに来れたんじゃないかなという妄想が・・・止まらなくて・・・そんでジェミニの歌詞、「いつか叶わなかった恋の歌」はレンのミクに対する恋だ!「歌いたかった恋の歌」!!とかなんとか、妄想が、止まらない、ごめんなさい、本当はまったく無関係にしたかったのに頭がリグレットメッセージから抜け切れなかった・・・。
スポンサーサイト

リグレットメッセージの年表(本編前)

書いてみます。リグ年表。


・リンが幼い頃、王子だったはずのレンが召使になったばかりの頃、リンは混乱していた。

・「今までレンは王子様だったのに、どうして?」というリンの問いかけに、「むかしのことは夢だったんです」と説明するレン。勿論リンは納得しない。

・それでも重ねて「悪い夢は終ったから新しい人生を生きなければいけません」という。

・時は流れて悪逆非道の国が滅ぶ前、レンは城を抜け出し港町にいた。

・港町のある店に自分を雇ってくれないかともちかける。

・「国がもうすぐ滅ぶ」「自分は王女様と顔が似ているから影武者として召抱えられた、元・街娘で両親はその秘密を守るために殺されてしまったため独りである」「王宮で使えていたから礼儀作法もあるし雑用もこなせる」「小さい頃に城に召されたため、慣れないことがある。だけど仕事の手は抜かない」などの説明をする。

・その身の上に同情を感じた店の主は、雇うことを承諾。

・日時と場所を決め、あらためて城から抜け出したレン(リン)を迎えに行くことが決まる。

・国民に城が包囲される。

・レンはリンと服を交換し、リンを隠す。

・雇い主と取り決めた日時と場所をリンに伝えそこに必ず行くように言う。

・レンが捕まる

・雇い主と取り決めた場所は港町にむけた船がでる場所。

・日時は、レンの処刑される日の3時だった。

・約束の場所にいかずレンの処刑場にいたリンをみつけて驚くレン。

・そしてその泣き顔に後悔がかすめるが

・その心を打ち消す。

・まわりには分からない様に、リンに自分が幸せだったことを伝えようとするレン。自分が幸せだったときのことを考え思い出したことは

・「あら、おやつの時間だわ」

・レンにとって、リンといっしょにおやつが食べられたあの時間は何よりの幸せだった。

・泣き崩れるリン。

・そこを雇い主がみつける。

・約束の時間に見つからなかったから、もしかしてと思ってここに来たのだという。たとえ憎い王女だとしてもずっと一緒にいたのなら情も移ったろうとリンを慰める雇い主。

・だけど雇ってくれといったとき、自分で「王女のことは悪い夢だと思って忘れて新しい人生を生きる」と言ってたじゃないかと言う。


 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。